全国定期借地借家権推進機構連合会

2月27日講演会 定期借地権を活用した実例紹介!(福岡)

土地の所有が将来に亘り最も確実な資産と考えられた時代はもはや終わりを迎えました。そして土地は所有するものではなく、活用する時代へと移って来ています。土地は眺めているだけでは地主にとって何の利益も生みません。いざという時には売れば良いとの考え方は資産運用とは言えません。どうすることがこの時代に一番良いのでしょうか。答えは必要な時期に必要な期間だけ土地を利用したい人や事業者に貸すことです。これが定期借地制度を活用した新たな資産運用です。
『定期借地という制度は何となく分かるけど、実際どう活かして良いか分からない?』
『定期借地といっても結局仲介だろう。手間の割にフィーが少なく、事業として面白味がない?』
そんなことはありません。定期借地制度は、単なる借地の一方法ではなく、発想と企画次第で、新たなビジネスモデルを構築することができます。
今回のセミナーでは、そんな定借事業の実際とその可能性を知っていただくために、実例をご紹介いたします。皆様の事業拡大のヒントとして有効に機能するものと確信しております。是非ふるってご参加下さいますようご案内させて頂きます。

第1部『現在実践中のネクスタウン畑ケ坂ガーデン物語』  

<講師ご紹介>㈱ネクステップ
代表取締役 真砂 剛 氏(NPO九州定借機構 会員)

九州北部エリアで初となった地上権付一戸建て分譲について、実際に実務を通して体験した笑い話や苦労話をお伝えします。

第二部『(仮称)福岡市南区定借スマートハウス計画について』

 現在、企画中の福岡市内に於ける、市街化区域内農地の定期借地権を利用した土地活用について、土地所有者との交渉過程や提案方法について公開致します。
また、今回の企画はTV-CMを見ていて発想が思いついたとのこと。
大型太陽光発電パネルを設置し、売電で地代を支払うと云う発想。
大手ハウスメーカーとの提携で「土地代“0”ゼロ!」のスマートハウス計画が進行中です。
アベノミクス効果による土地不足、建設費の高騰、今後の金利上昇等も踏まえ、定期借地権を活用した新しい住宅取得方式は今後、更に受け入れられていくことでしょう。
土地所有者も必聴の講義です。


開催日時 平成26年 2月27日(木)受付/午後15時00分~

詳しくはこちらから

コメント & トラックバック

  • コメント ( 2 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 良いですね。是非聞きたい内容ですが、当日は岡山定借事業研究会会議に!
    盛会を期待しています!

  2. 今回は、地主さんに提案した内容も公開する予定です。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top